いま最も必要とされる資格の一つ

知っておくことと学ぶべきこと

世界中で、大変多くのサプリメントで溢れている状況で、安全安心のサプリメントや症状に適したサプリメントをアドバイスするためにも予防医学や、体に必要なビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養学の知識も必要になります。
また正しく品質を管理するためには正しい保管方法も重要です。
栄養学を学んできた人には、比較的取得しやすい試験とも言います。
生活習慣病や、食品の安全性などの知識も必要になります。
服用している人や、これから購入しようとしている人の道しるべとなる仕事がサプリメントアドバイザーなのです。
人にアドバイスするということは、一般的知識以上の専門的知識が必要なのは言うまでもありません。
資格を取得することで、美容、育児、介護など様々な場面で有益ですが、自分のため、家族のために取得する人も多くいます。
資格取得のためには、多くの学ぶべきことがあります。

資格取得まで

資格取得の申し込みはインターネットからもできます。
教材が届いたら早速勉強の始まりです。
本試験は自宅から受けることもできます。
取得には二種類の資格から、自分に相応しいものを最初に選んでから始めることになります。
受講生に対する合格率は、ほぼ60%弱ほどと考えてよいでしょう。
サプリメントア、ドバイザーの資格を取得してそれだけですぐ仕事に有利かというとそのような目的で取得する人よりも、現在の仕事で更に知識を身に着け、プラスとしての資格と考えている人も多い様です。
例えば介護の仕事をしている人や、薬局のスタッフ、スポーツトレーナーやインストラクターなどでしょうか。
こういった仕事には、サプリメントの知識は大いに役立つと言えるからでしょう。


この記事をシェアする